社会福祉法人 あそか会
  • HOME
  • ご挨拶
  • あそか会歴史
  • 本部事務局
あそか会の歴史:年表
あそか会年表 創立期 戦前期
戦後期 発展期 あそか会を支えた3人の女性

社会福祉法人あそか会 年表

大正12年 関東大震災のおり、西本願寺が九條武子夫人を中心として日比谷・上野に救護所を開設したことに始まる。
昭和 2年 九條武子夫人、詩集『無憂華』の印税の全てを、あそか病院開設の基金として提供する。
昭和 3年 九條武子夫人敗血症のため逝去。
義姉、大谷夫人は武子夫人の遺志を継いであそか会を組織する。
昭和 5年 田中もと女史のもとに多くの人々の協力を得て、あそか会病院開設。
昭和10年 財団法人組織となり、あそか会総裁には大谷夫人、初代理事長には後環爾氏が就任。
昭和11年 東伏見宮妃殿下、あそか病院を御視察。
昭和20年 空襲により火災発生し、病院の大半を消失するも、田中もと女史らの復興への尽力により、病院業務を再開する。
昭和24年 天皇皇后両陛下の行幸啓を仰ぐ。
昭和27年 社会福祉法人となり、無料・低額診療開始。
昭和33年 高松宮同妃殿下、あそか病院を御視察。
昭和42年 あそか病院、総合病院の承認を受ける。
昭和54年 江東区内で初めての特別養護老人施設として、「あそか園」および「あそか園高齢者在宅サービスセンター」開所。
昭和62年 特別養護老人ホーム「江東ホーム」を江東区より運営受託し、開所。
昭和63年 「江東ホーム高齢者在宅サービスセンター」を開所。
平成 4年 特別養護老人ホーム「北砂ホーム」および「北砂ホーム高齢者在宅サービスセンター」を運営受託し、開所。
平成 5年 「枝川高齢者在宅サービスセンター」を運営受託し、開所。
平成 6年 あそか病院新病棟落成
平成 7年 特別養護老人ホーム「塩浜ホーム」を運営受託し、開所。
「東陽高齢者在宅サービスセンター」を運営受託し、開所。
メディカルケア付きマンション「六華園」完成。
平成 8年 「亀戸高齢者在宅サービスセンター」を運営受託し、開所。
平成13年 「大島高齢者在宅サービスセンター」を運営受託し、開所。
平成14年 「古石場高齢者在宅サービスセンター」を運営受託し、開所。
平成15年 「あそか訪問看護ステーション」を開所。
平成17年 「白河高齢者在宅サービスセンター」を江東区より運営受託し、開所。
「白河高齢者在宅サービスセンター」「枝川高齢者在宅サービスセンター」以外の区立施設全てが民営化となる。
平成22年 「白河高齢者在宅サービスセンター」が民営化となる。

ページ上部へ
セキュリティーポリシー サイトマップ Copyright 社会福祉法人あそか会 All Rights Reserved.